クラウドサービス戦争はアップルに有利

Strategy Analyticsによって生み出される新しい調査によれば、アップルは現在国内クラウド保管戦争に関してはリードしています。
カリフォルニア州クパチーノに拠点を置く会社のためにここの本当の強さはデジタル・エンターテイメントでした。そして、それはいずれにしろ多くのスペースを必要とする傾向があります。

このように、iCloudとiTunes Matchの組合せは、2012年度第3四半期の間にアメリカ合衆国でクラウド保管使用の27パーセントを占めると言われていました。
音楽が「クラウド支配のための戦争の重要な戦場」になった方法を、エド・バートン(Strategy Analyticsのデジタルメディアの責任者)は、レポートでハイライトしました。彼らがおそらくオンラインで最大で最も成功したデジタルメディアとエンターテイメント市場を持つとすると、これは主にアップル、アマゾンとGoogleの技術巨人を互いに挑ませます。
しかし、どちらのアマゾンもGoogleも、2番目に、このリストに参加しませんでした。 その名誉はDropboxへ行きました。そして、それは全く献身的エンターテイメント・サービスをしません。(しかし、Dropboxユーザーの45パーセントが音楽を保存するためにクラウド保管ロッカーを使う点に注意されました。)昨年の秋米国で大きな雲メディア使用の17パーセントを占めて、Dropboxはちょうど2パーセントポイント過去のアマゾンCloudドライブを囲みました。