韓国を攻撃したIPアドレスは中国ではなく韓国だった

韓国は、手の上にまだミステリーを明らかに持ちます。誰が、今週、その銀行とブロードキャスターの何人かへのサイバー攻撃を開始しましたか?国のための監査機関は中国をまず最初に非難しました。そして、攻撃が中国のIPアドレスから始まったと言いました。しかし、彼らは、フライングしたと今日認めました。
攻撃において使われるIPアドレスは、水曜日に攻撃される銀行の1つに、実は由来しました。 ロイターによると、韓国のNongHyup銀行は、その内部のネットワークのための仮想ものとして、アドレスを使っていました。偶然の一致によって、そのアドレスは、中国で登録される1つにマッチしました。
攻撃で中国を非難することは、原因のない1でなくワンパターンの反応である場合がありました。中国は、過去に攻撃を行うために、北朝鮮のハッカーを利用したと、ロイターは言いました。北朝鮮は、数回、韓国の新聞へのサイバー攻撃を開始したとして非難されました。

韓国の監査機関は、攻撃が外国から来て、源を見つけようとし続けるとまだ考えています。サイバー攻撃は、3人のブロードキャスターと2つの銀行でコンピュータを降ろしました。LG U+、 そしてそれはネットワークが侵入された(昨日報告されるロイター)と、それが思っていると、目標とされる会社のいくつかへのインターネット接続が言ったと定めます。

攻撃において使われる破壊工作ソフトは、セキュリティ・ベンダーSophosの研究者による「DarkSeoul」と呼ばれました。悪性コードを分析して、Sophosはそれが特に洗練されたとわからないで、それ自身の製品が昨年のためにそれを見つけることができたと言いました。