フェイスブックの内容を親が取得

ヴァージニアは、他界した子供によって生み出されるフェイスブック内容と他のデジタル資産を得ることを両親と保護者により容易にしました。

今週、ヴァージニア総会は新しい議案を採択することを可決しました、HP 1752、文書による要請を受け取った後に30日以内に亡くなった未成年者の保護者にオンライン資産を提供することを、それはフェイスブックのようなオンライン口座サービスプロバイダに強要します。

議案(それは現在知事のサインを待ちます)は、昨日下院で承認を得る前に、月曜日に州上院を通過しました。

2人の両親(リッキーとダイアンRash)は、発展に満足します。前のレポートによると、彼らの15才の息子エリックがなぜ自殺したか理解しようとしました。エリックのフェイスブック・アカウントが彼らの息子の精神状態に光を投げ掛けることを、Rashsは望みました、 しかし、社会的ネットワークは、州で連邦プライバシー法をあげて、彼らに報告書へのアクセスを与えませんでした。応えて、両親は、法律を変える紙幣を牽引するために州議会議員と働くことに決めました。