カラーミーショップと楽天市場の比較

多くのネットショップ運営者が楽天市場を選んでいるように思えますが、カラーミーショップも40000店舗が導入しているとのことで人気です。ではそれぞれどのような違いがあって、どちらを選んだほうが成功するのでしょうか。レンタルカートASP比較をしていきます。まず決定的に違うのがネットショップのタイプです。楽天市場はショッピングモールと呼ばれる、楽天市場の中に自分のネットショップを持てます。カラーミーショップは独自ドメインを取得して、オリジナルのネットショップを改行します。ではそれぞれのメリットは何でしょうか。楽天市場は多くの人がアクセスするので集客が容易いという特徴があります。GoogleやYahooではなく楽天の中で検索する人が多く、そこに自分のネットショップが表示されれば自然とアクセスが増えていきます。逆にカラーミーショップはゼロから集客しなければなりません。AdwordsやOverture、SEO対策などをするのが基本ですね。ここまで聞くと楽天市場のほうが良さそうに思えるかもしれませんが、色々な縛りがあります。まず楽天市場はカラーミーショップと比較すると月額料金が高いです。カラーミーショップは月額875円なのに対して、楽天市場は50000円を越えます。つまり集客やWEBマーケティングに自信のある人にはカラーミーショップがおすすめです。でもまったくの初心者で知識が乏しい人は楽天市場にすべきです。この価格差は売上の出しやすさを考えると当然なのです。レンタルカートは価格だけを見ても仕方がないですが、利益の出しやすさを考慮して自分のレベルにあったものを選びましょう。ただ、多くのネットショップは両方活用しています。商品名で検索すると楽天と公式通販サイトが出てきますよね。