アップル電子書籍販売への道

アップルに対する政府の独占禁止訴訟に重さを与えて、デジタルブック条件をアマゾンと他の小売業者と交換するという彼らの決定で、アップルとの彼らの電子書籍取引が鍵となる役割を演ずると、Two出版者は今週証言しました。

デイビッド・シャンクス(Penguin Group USAのCEOとキャロリンReidy)サイモン&シュスターのCEO、アップルとの彼らの契約内の条項が財政的に彼らを傷つけさせる価格。また、出版者が価格をセットしたモデルへの動かされた全く他の電子書籍小売業者です。 卸売り原則で、出版者は以前本をかなり割引された率で売りました。

Reidyが水曜日に証言する間、シャンクは火曜日により低いマンハッタンでここで地方裁判所で証人台に立ちました。アップルとのサイモン&シュスターの契約がそれにアマゾンを出版者価格設定モデルの方へ動かすことを強制しないと、Reidyは証言しました。 もし価格あっている条項が変わる会社貧困を作っていなければ、「さらにより少ないお金を儲けます。

アップルとのPenguinの協定内の価格あっている条項が協定条件をアマゾンと他の小売業者と交換することでの「確かに大きな考慮」であると、シャンクは火曜日に言いました。アップルとの取引に達した直後に、バーンズ&ノーブルも類似したモデルへ移りました。そして、それを意味されたPenguinは両社に価格匹敵するものに持ちます。

「それらの2つの市場占有率を加えることは、我々がマッチするにはあまりにひどい財政的なヒットです」と、彼は言った。

司法省も、シャンクスの宣誓証言のクリップを数カ月から以前に演奏しました。それの中で、Penguinがすべての小売業者を彼らが価格をセットしていたモデルの方へ動かさなければならない価格あっている条項が基本的に「それを既知の事実とする」と、彼は言いました。

「アップルでこうすることを考えるつもりであるならば、我々は誰とでも機関[モデル]をしなければならないだろうか、アップルでまったくそれをする必要がないでしょう」と、シャンクスは彼の宣誓証言の間に言いました。

一方、司法省はReidyと彼女のボス(CEOレスMoonves)の間で会話と電子メールの証拠を提示しました。それがアップルとの取引に達する前に、Reidyはアマゾンにその価格を上げさせる計画を提案しました。しかし、他の出版者も類似した計画を進めない限り、Moonvesは変化に対して忠告しました。

会議の後、彼が正当とその「他の出版者が我々の後を追わない限り」であると、あった電子メールをReidyはMoonvesに送りました。アマゾンにその価格設定練習を変えさせる際にありません。」サイモン&シュスターが「より多くの軍隊を集めなければならない」と、彼女は電子メールで付け加えました。そしてそれは、言われる司法省は他の出版者と働いて欲しくされるサイモン&シュスターを示しました。Reidyは特徴描写に反対して、それも電子ブック・リリースを延ばすことで船上でより多くの著者をつかまえることを意味することができたと言いました。